works

あの日みていたもの 苔むす樹木の傍で
小さき子を抱きし母
陰にたたずむ

かすかな風の只中で
片足こぼし
指くわえし子
ひかりが洗う幹をみつめる

母は子に頬寄せ
微笑んで
ゆるめた言葉
風に溶かしてふれさせる

かすかな風の只中で
言葉を知らぬ子の
みている景色を知らぬ母
ふたりを洗うひとつのひかり