works

街の鎮魂歌 夕暮れ
ななめに伸びる影に手がふれた
窓をみれば片隅に映る小さなわたしをみた

待つばかりのわたし
泣いてもすねてもひとり
遠くをみつめる瞳に色は浮かんでいない

思い浮かべたのは窓のむこうのずっと先
たとえば
異国の人混み
草原をかける動物の影
図鑑や映画でみた景色に夕日を重ねた

しずみゆく
いくつもの夕日を前にして
ゆるやかにまわる空と時をみた
わたしとは関係なく
わたしがうまれる前も
わたしがなくなった後も
空と時はまわっているように思えた

この世界は
たぶん
宇宙がうまれる前から
宇宙がなくなった後も
ゆっくりとまわっている

だとしたら
宇宙はまたうまれるだろう
わたしもまたうまれるだろう
たくさんの偶然と選択が必要だとしても
まわりつづけるのだから
待つだけの時間は
わたしがわたしだと思うまである

わたしはまわる流れのいまに座っている
このおぼれるだけの流れの先と後
いくつもの宇宙がうまれ
いくにんものわたしが遠くをみつめている

いつしか
日はしずんでいた
窓のむこう
ともる明かりがにじんでみえた