works

浅瀬 窓帷が揺れる
おさないひかりが脚にふれ
目が覚める

鼻先に
くぼみ
かわいた枕

指先で
あなたを
なでることも
つまむことも
かなわない

ふぬけの身体
なまぬるく
わたしはいま
さびしさに浸るばかり


窓帷が揺れる
おさないひかりが脚にふれ
かなたで朝の声がする